忍者ブログ
[153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海の上に浮かんで波を待っているとき、ふと海底を見ると海水の流れの中で特徴ある動きをしているあるものを発見。ヨッと潜って触ってみると正にソレ。時期的には例年より早いのにすでにだいぶ育っていてびっくりです。冬の小さな波はもうそっちのけで海の中に潜ります。



採ってきたのはコレ。なんだか解りますか?

ワカメです。普通スーパーで売られているワカメは沖にロープを張ってそこにワカメの胞子を植えつけて栽培する養殖ものが一般的ですが、磯に生えているワカメはそれとは別格の味で大好物です。


どうさばくかと言いますと…簡単です。
まずパーツに切り分けます。葉っぱの部分と茎、メカブです。缶ビールらしきものが見えていますが気のせいです。



それを鍋に沸かしたお湯で茹でると、鮮やかな緑色になります。いい磯の香りがプンプンしてます。



こっちはメカブと茎ワカメ。



茎ワカメは酢漬けにしてメカブは包丁で丹念に叩いてメカブトロロでいただきます。


葉っぱの部分は味噌汁や酢の物、酢ヌタで…採れたてはなにもかも最高に美味しいです。


食べきれない分は干しワカメ。

パリっと乾けばできあがり。ハサミでチョキチョキ切ってお汁に入れればもとに戻ります。


この時期の海の楽しみのひとつがこのワカメ。たかがワカメにずいぶん面倒くさいことやっていますが、もともと食べるということは手間がかかることだと思います。パックを開けて焼いたり揚げたりするだけで食べられる遠い他所の国で作られた手間いらずの食べ物の何倍も時間はかかりますが食べ物って本当はこんなものだと思います。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
確かにそうかもしれませんね。
地のものを、その旬でいただく。
まさに1番のおいしさ独り占めですよ。
ま、缶ビールは見えないってことにしておきます。
ちゃくらん URL 2008/02/15(Fri)14:50:02 編集
無題
本来人間なんて少しの野菜と穀物と豆があれば生きていける生き物なんですよねー。でもそれだけじゃあちょっと寂しいので普段は粗食で、たまに贅沢みたいにバランス良くやっていくのがいいんじゃないかと思ってます。


ワカメはこんな感じで3~4回採ってくれば来年まで十分持ってくれます。私は使いませんが「味の素」もこのあたりの海草から作られたものが始まりだそうです。
KURI 2008/02/18(Mon)10:10:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 薪割り HOME キッチン >>
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール
HN:
KURI
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
自営業
趣味:
料理 薪集め サーフィン
自己紹介:
2006年1月からスタートした私たち夫婦2人の家にまつわる物語。スーパービジネスウーマンのTAMA奥さまとひたすらマイペース自営業者の夫KURIさんの家作りの記録。
2007年9月に家は無事竣工。現在は思いつきレシピの記録、家庭菜園、薪ストーブのことをメインに書き綴っております。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]