忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

庭に仮植えしている庭木が心配なので朝から水遣りに行ってきました。本当だったら7/14に植えてもらうはずだった植木たちなのですが、一連のトラブルのため未だ仮植え状態でかわいそうです。


木曜から2日空けたので少し心配だったのですが、一昨日水をたっぷりあげて腐葉土で根本をマルチングしてきたのが効いたみたいで、なんとなく元気になったように感じました。


ちょこっと中を覗いてみると2階のIKEA洗面の鏡やトイレットペーパーホルダー、ウォシュレットのリモコンなどが取り付けられていました。


病院のトイレみたい?

実はそんな雰囲気狙いました。横にかけるタオルの色で雰囲気はかなり変えられると思います。


トイレットペーパーホルダーはKAWAJUNさんのカタログからチョイス。まあ普通のです。これにTAMAさんがNYで買ってきた、RENOVAの黒いトイレットペーパーを付けたら気分はセレブ?(笑)
PR
昨日は朝九時半から生産担当立会いのもと竣工確認、その後インテリアの最終確認。昼食を挟んで緑化さんと東側通路の現場立会い。すべてが終了したのは午後三時過ぎ。暑い中、大汗をかきながらの立会い作業でしたが、無事竣工いたしましたあ~。


着工から約五ヶ月、途中いろいろとありましたがほぼ満足できる家が出来上ったように思います。実際に住んでみての住み心地がどんなものか楽しみです。


引渡しは予定どおり、8/18です。


竣工のご報告の記事にナニですが、最後の最後で「失敗したあ」というところが出てきてしまいました(笑)今更ではありますが、後に続く方たちが同じ気持ちにならないためにご報告しておきます。


「しまった感」が一番大きかったのはココ。寝室の床です。玄関を入って和室前の廊下まではバンブーですが、寝室はコストダウンで標準の木質フロアにしました。幅が広めのものをチョイスしたのですが、これが失敗…。

幅が広いのはいいのですが、長さが短い部分が部屋の真ん中近くにきてしまっています。確認したのですが長方形の合板一枚の中にかならず一枚長さが短い部分が入ってしまっていて、どうしてもこうなってしまうようです。幅が広い分余計変な感じを受けます。さらに幅が広い床材はナゼか光沢が強いそうで、テカリもなんだか気になります。床材の一枚の長さは1800なので2階のトイレの床はきれいに納まっているのですが、より広い空間だとこうなってしまいます。張り方確認しなかったミスですね。というよりケチらずここもバンブーにしておけばよかった。ベッドを置けば見えなくなるか(笑)ブラインドとロールスクリーンで雰囲気変わることを期待します。見える部分はラグでも敷くか…。


もう1点は滑り出し窓の網戸。テラスなどの大きな網戸には横桟が無いことを確認していたのですが、ここはそれより小さいので当然桟は無いと思っていたら…。網戸自体が小さいので網戸の枠も細くて、真ん中に桟を入れないと強度に問題でるそうです。窓に桟が無くてもこれじゃ桟が入ったのと同じですが…仕方ないのでここはあきらめ。



下の画像の件ナカシマプロペラさんのポストにつく明暗センサーについての部分は削除しました:明暗センサーについて問い合わせをしたところ、8月6日ナカシマプロペラさんからご返答いただきました。画像の取り付け方法が間違っているようです。正しく取り付ければセンサーの上部に見えているシルバーのパネルの中に隠れるようになるとのことです。KURIさんとしては見えなくなればそれでOKなので、それ以上の追求をするつもりもないのでこれにて一件落着とさせていただきます。お騒がせしました。





床は養生がとれてはじめて全貌を見ることができます。そのときに「しまったあ」と思わないように皆さん床の張りかたは事前に細かく確認しましょう!



なにはともあれ、OUR HOUSE 完成いたしました!
今週の土曜日は竣工立会いです。住友林業と契約したのが2006年7月。それから1年と1月が経ちました。いろいろとありましたがようやく完成に近づいてきたOUR HOUSEを見るのは感慨深いものがあります。


竣工を直前に控えたOUR HOUSEにNYから戻ってきたばかりのTAMAさんと行ってきました。


外構はほぼ終了しています。表札と門柱、ポストを兼ねたナカシマプロペラのエンブレムポストが設置されていました。シンプルなデザインです。表札の文字は和5行書体です。漢字がいい感じ(笑)



玄関を開けるとバンブーのフローリングが…。直線的な模様と地窓の向こうの竹垣(人工です)とのすっきりとしたマッチングが感動的です。でも白いタイルは汚れが目立ちそう。



交換していただいたピクチャーレールです。薄くシャープな雰囲気でばっちりです。



玄関から右手へ視線を向けると…。和室に畳が入っています!イメージしていたとおりのオープンな雰囲気に出来上がっています。左側のドアは洗面浴室トイレへのドア、右へ行けば寝室とWICです。



なかなか和めそうな空間です。囲炉裏でも置いてみようかな~。早起きしてヨガやストレッチなどをやりたくなりそうな空間です。ここには絶対なにも置かないことにしようっと。



バンブーからそれほど違和感なくダークオークに変わる階段を上って2階へ。KURIさんが好きなアングルからの一枚。なぐり調の質感がよくわかる一枚です。薪ストーブ、空(お隣の屋根)、なぐり調の床。左側の窪みにはクロゼットが入ります。奥行き600なので手前の空間は広々です。手前右へ行くとトイレです。



キッチンからリビングを見ています。リビングは約13畳の広さです。右手の7.5畳のテラスもアウトドアリビング&ダイニングとして活躍予定。テレビはまだなにを購入するか決めていませんが、正面壁のブラケット照明とはオフセットに少し左側によせて置くつもりです。


1階のバンブーと地窓、そして畳のそこはかとない和の雰囲気。階段を上るとダークブラウンとホワイトのシンプルでモダンな雰囲気。1階と2階はかなり違った雰囲気で楽しめる空間になったと思います。


そしてIKEAのキッチンキャビネット、堂々の公開です。自分で作ったとは思えません(笑)特長は奥行き650のワークトップと横型のウォールキャビネット。ベースキャビネットとの間にはモザイクタイルを貼っていただきました。カウンターのコシタイルもばっちりです。コンセントは6口とタップリ付けていただきました。コンロの横でもブレンダーを使いたいのでコンセントを2口つけていただいてます。永大のキッチンとIKEAのキャビネットで収納はたっぷりできそうです。料理が楽しくなりそう!





完成間近のOUR HOUSEですが養生が取れ網戸が入った時点で何点か「?」を感じるところがでてきました。果たしてこのまま順調に引渡しとなるのか?引渡しは8月18日の予定です。

今日は近くのモデルルームで営業さんと打ち合わせ。
融資、保険、引渡しのスケジュールを確認してきました。


建物の竣工は6月30日の予定ですが、TAMAさんの海外出張が7月に二度もあるので、外構の現場打ち合わせなど余裕を持ってやりたいということで、2ヵ月先の8月12日大安吉日の日に決定いたしました。


それまでにキッチンとワードローブを完成させるのはKURIさんの役割です。KURIさんの商売はお盆までは稼ぎ時なので引越しはお盆明けの予定です。


例のカウンターの件、今日は強力に文句を言ってきました。構造に直接関わるような箇所でもないので本当は強く言いたくはないのですが、最初にカウンターの作りの間違いが判ったのが、5月12日。1ヵ月以上前のことで、時間もたっぷりあったはずで、KURIさんも何度も確認しているのに、こんな簡単なことさえできていない住林の現場の管理体制に対しての文句です。現場管理費ってたしか支払っているはずだけど、それも削ってもらいたいくらい。他の修整箇所だって施主側が言わなければ修整されたのかどうか?生産担当ってどのくらいの頻度で現場を見て、何をチェックしてるのか知りたいものです。


今日は営業さん相手、明日は現場で生産さん相手予定(笑)。怒るのも疲れるものですね。でも明日も頑張って文句言うぞ~(笑)



カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
KURI
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
自営業
趣味:
料理 薪集め サーフィン
自己紹介:
2006年1月からスタートした私たち夫婦2人の家にまつわる物語。スーパービジネスウーマンのTAMA奥さまとひたすらマイペース自営業者の夫KURIさんの家作りの記録。
2007年9月に家は無事竣工。現在は思いつきレシピの記録、家庭菜園、薪ストーブのことをメインに書き綴っております。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]