忍者ブログ
[256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我が家のマユハケオモトが花芽を伸ばし始めました。眉刷毛のような形の花を咲かせることからついた名前のちょっと変わり者。

基本、ほぼほったらかしで大丈夫な植物です。たまーに水をあげるのと、霜が降りる季節になったら家の中へ入れるくらいの手間しかかかりません(水をあげすぎると花を咲かせなかったりするやっぱり変わり者?)

マユハケオモトが花を出すと、秋になったなあという気持ちになります。

春から夏にかけてたくさんの実をつけてくれたブルーベリーも紅葉してきれいな赤に変わりました。また来年よろしくお願いします。


春のまだ寒いころに剪定をしたのが良かったのか、しばらく実をつけていなかったレモンがたくさん実をつけてくれました。

小さいのはタヒチアンライム。いい香りです。大きいのがレモンです。農薬の心配が無いので皮も安心して使えます。レモンは絞り汁よりも皮で香りが出ます。マリネなどにはチーズおろしで皮を削って加えるといい香りです。

そしてストーブの準備です。春先に焚いたまま、ほったらかしにしていた灰を出して空気の供給口など炉内をブラシできれいにしました。6シーズン目ですがバッフル板はまだしっかりしていますし、扉のパッキンもしっかりしています。

炉内を掃除して、室内の取り外せる部分だけ煙突のスス落としをやりました。すっかり慣れたものでほとんどススを落とさずに10分ほどで完了です。

残りの部分は後ほど。以前は室内から煙突の上へ向かってブラシを入れていましたが、どうしてもススが部屋に落ちてしまいます。屋根に登れるサイズの脚立を買おうかなあと思っていたら、近くのホームセンターで屋根に登れるサイズの脚立を無料で貸し出していたので、最近はそれを借りて屋根に登って掃除しています。煙突のトップのススも落とせるし、屋根からブラシを入れて下へススを落とす方がススが散らず簡単です。幸い2階のベランダから長い脚立を使えば屋根へは簡単に上がれるし、屋根の勾配はゆるいので作業はそれほど危険をともないません。

煙突のメンテナンスまでは考えていませんでしたが、屋根の上の煙突トップへのアクセスは楽で自分でもできるので助かっています(業者に頼むと3~5万円くらいかかります。掃除は毎年必要です)。

薪ストーブの導入は、家のプランニングのときに煙突掃除とセットにして考えておくとコストも抑えられます。

ブログをみると、昨年のストーブ初焚きは11月10日でした。今のうちに煙突掃除を終わらせておけばいつでも焚けるので安心です。

なんとなく薪集めをやりたい気分になっているのも秋になった証拠でしょうか。





PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
<< 煙突そうじ HOME IKEA >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
KURI
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
自営業
趣味:
料理 薪集め サーフィン
自己紹介:
2006年1月からスタートした私たち夫婦2人の家にまつわる物語。スーパービジネスウーマンのTAMA奥さまとひたすらマイペース自営業者の夫KURIさんの家作りの記録。
2007年9月に家は無事竣工。現在は思いつきレシピの記録、家庭菜園、薪ストーブのことをメインに書き綴っております。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]