忍者ブログ
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ~2006年1~3月頃~それじゃー家を買いに行こう(笑)と土曜日の朝刊に大量に入ってくる住宅関係のちらしのチェックから始まりました。ネットの不動産情報も参考に自分たちが住みたいと思っているエリアの相場のリサーチ開始です。チラシの小さな写真と価格を見くらべているだけでは実感が湧かないので、不動産屋に電話をかけまくり、実際に家を見せてもらいます。毎週末は物件めぐり、ついでに物件の近くの美味しいという評判のお店を調べてはレストランめぐり♪それぞれがいろいろな工夫をこらしてあり、家を見てまわるのは大変でしたが楽しい事でもありました。

けれども10軒、20軒と見て廻るうちに一つの疑問が浮かびます。「みんな何を決め手にして家を買っているの?」ということ。家を買いに行こう!と始めた物件めぐりですが、洋服を買うわけじゃなし、ン千万円もする買い物です。いいなあと思った物件もあったことは事実ですが私たちにはどうしてもこの家じゃなきゃダメという必然性というか、購入に踏み切るだけのインスピレーションは感じられなかったのです。それに不動産屋さんのお決まりの営業トーク、「早い者勝ちです」「人気で他に検討中のお客さまがいるので早く決めて…」「いついつまでに契約すればいくら割引きます」などなど、おまけに自分たちの希望を詳しく伝えて希望に沿う物件があったら教えてとお願いしても、出てくるのはほとんど私たちの希望を無視したような情報ばかり…。

何軒見て廻ったかわからなくなって、買うつもりなのか、家を見て批評するのが週末の楽しみなのか解らなくなってきた頃ようやく「私たちが欲しいと思う建売りは存在しないのかも」と悟ってきました。だいたい夫婦2人で子供もおらず(できる可能性はあるが…)2人で生活が楽しめる家なんていうのを想定して建てられた家なんていうのが存在するのだろうかということ?「どーやら建売りはダメらしいぞ」とTAMAさんとKURIさんは話始めるようになりました。

2人だから、部屋は寝室一つにゲストルーム一つ(子供ができたら子供部屋に、ゲストはリビングにでも寝かせとけ)あとはリビングとダイニングとキッチンが一つになった広い部屋。それにトイレと風呂があれば…。とてもシンプルだと思うけど、そんな家は無かったなあ…

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
プロフィール
HN:
KURI
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
自営業
趣味:
料理 薪集め サーフィン
自己紹介:
2006年1月からスタートした私たち夫婦2人の家にまつわる物語。スーパービジネスウーマンのTAMA奥さまとひたすらマイペース自営業者の夫KURIさんの家作りの記録。
2007年9月に家は無事竣工。現在は思いつきレシピの記録、家庭菜園、薪ストーブのことをメインに書き綴っております。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]